蔵人厨 ねのひ 丸の内店 「パリパリ塩焼き、つくね&とろ~り半熟卵、濃厚味噌カツで鶏三昧してみては」

【店名】蔵人厨 ねのひ 丸の内店

【住所】〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-4 オアゾ6F

【連絡先】03-5288-1101

【URL】http://nenohi.com/

【今回の食事】ランチタイム 赤鶏の炭焼き膳 1,850円

【そのクオリティならこの価格で満足感】星4 ☆☆☆☆

【ボリューム】星4 ☆☆☆☆

【味 】星4 ☆☆☆☆

【雰囲気】星4 ☆☆☆☆(ただし、焼いている煙でモクモクしている)

【接客 】星4 ☆☆☆☆

丸の内oazo、6階の「蔵人厨 ねのひ 丸の内店」。

全体的に周囲の店より価格設定は少し高めですが、それだけの価値はあります。

蔵風の店構え、入り口から良い感じです。

IMAG4916

入ってすぐに、オープンな厨房でなにやら色々と焼いているのが見えます。煙もモクモクです。

日本酒もたくさん。
どうやら日本酒の蔵元直営らしいです。

IMAG4913

IMAG4914

メニューは膳です。今回は「赤鶏の炭焼き膳」を注文。

待っていると、最初に漬け物と、ご飯にかけるちりめん山椒が卓に置かれます。

IMAG4901

漬け物は、前菜的に食べてもよし、食中に箸休めとして食べても良し。

白い大根は酸味と甘味が良い塩梅で、食感はポリっと小気味良い。

IMAG4902

奈良漬けは酒の良い香り。

IMAG4903

白菜は爽やかな酸味。

IMAG4904

と楽しんでいると、メインのお皿が来ました。

どーんと。

IMAG4955

塩焼きと、つくねと、半熟卵ね、、と眺めていると、、、

更にもう一皿!!

IMAG4909

味噌カツ!!?

ということでなかなかのボリュームに。

IMAG4911

汁物は、普段は赤出汁の味噌汁らしいのですが、今の季節は粕汁もやっていて、この写真は粕汁。

IMAG4912

ということでいただきます。

粕汁は、ほとよい甘さと粕の良い香り。
野菜がごろごろ入っていて健康にも良さそうです。

塩焼き、、う、、うまい。
パリッと揚がった衣。
塩の加減と、肉の脂が良~い具合にご飯を進めます。

IMAG4905

つくねは濃すぎないタレ。どろっーとした感じではなく、さらりあさっり。塩焼きよりもある意味薄味。
半熟卵はつくね用とのことでしたが、個人的には半熟卵はつけないほうが好きです。

IMAG4907

IMAG4906

あいまに付け合せのキャベツ。

IMAG4908

味噌カツ。サクッとあがった衣、濃厚な味噌ダレ。鶏なので豚よりも淡白ですが
衣とソースが強いので、かえってしつこくなくて良いです。ご飯が進みます。

IMAG4910

ご飯はほぼ漏れなくお代わりすることになりそうです。

赤鶏を三種三様、バラエティ豊かな味付けで楽しんでみては。

広告