ほていさん 2号店 「あんこうの濃厚な旨みと慈愛に満ちた甘みを存分に味わってみては」

【店名】ほていさん 2号店

【住所】〒104-0052 東京都中央区月島3-15-7

【連絡先】03-3531-5200

【URL】なし

【今回の食事】ディナータイム コース

【アンコウの旨味染み出し感】星5 ☆☆☆☆☆

【満足感】星4 ☆☆☆☆

【ボリューム】星4 ☆☆☆☆

【味 】星4 ☆☆☆☆

【雰囲気】星3 ☆☆☆

【接客 】星4 ☆☆☆☆

アンコウ鍋で有名、かつ予約がとりにくいで有名な「ほていさん」の2号店。

月島もんじゃ街の近くにひっそりと立っています。

突き出しはゴマ豆腐ともずく酢でした。

そして、刺身!
なかなかの量!
この写真で3人分とのこと。

IMAG5079

一枚一枚が相当肉厚で、かつ夜なのに鮮度も良さそうです。

IMAG5078
白米が欲しくなります。

ここからアンコウ鍋祭りでした。
全て店員さんがゆったりやってくれます。

最初は温める前に、調理済みアンキモをひとつまみずつ試食させてくれます。
濃厚で旨味凝縮されてるー!とろける中に甘み!

で、鍋が大きいため、温めること、かなりの時間。

IMAG5080

次はスープの味見をさせてくれます。
じらされます。
スープは先ほど試食したアンキモ爆弾が汁に溶け込み、慈愛に満ちた柔らか旨いスープになっています。

そして、更に加熱すること15分くらい。
とうとう具も取り分けてくれます。

溶けだしているのか、そとそも身がないのか、調理済みアンキモに投入されているのかアンコウのボディはほとんどいません。野菜たちと、あら汁のように骨に残る身をこそぎ落として楽しみます。

最後は雑炊!とのことですぐご飯を入れるのかと思いきや、これまたとてーも焦らせれます。

IMAG5082

IMAG5083

途中お漬け物が来てから更に20~30分後して、空いているテーブルに店員さんが鍋を持って行って作ってくれます。

しかし、待ったかいあって、出汁がぎゅーと染み込んだ旨い雑炊を食べることができます。

ゆっくりゆっくり進めてくれるので、フレンチのコースのように2時間飽きずにお酒と食事を楽しめます。

これが本当のアンコウ鍋か!と実感しにほていさんに訪れてみては。

広告