Chateau Peybonhomme Les Tours(シャトー・ペイボノム・レ・トゥール) 2011

【ワイン名】Chateau Peybonhomme Les Tours(シャトー・ペイボノム・レ・トゥール)

【ヴィンテージ】2011

【産地】France>Bordeaux>Cotes de Blaye(フランス>ボルドー>コート・ド・ブライ)

【生産者】Chateau Peybonhomme Les Tours(シャトー・ペイボノム・レ・トゥール)

【ブドウ品種】メルロー 70% カベルネ・フラン 15% カベルネ・ソーヴィニオン 10% マルベック 5%

<外見>

【濃淡】濃い
【色あい】赤紫色
【輝き】光沢のない
【粘り】粘りのある
【発泡性】スティル

<香り>
はじめグレープ感あり。ミント、乾燥ハーブ。

若々しい香り。化学的な香りも。

乾くと干しぶどう。

<味わい>
【第1印象】すっきりとした→(時間の経過により)→まろやかな
【アルコール】高め
【甘辛】中辛口

【構成】しっかりとした
【品質】平均に満たない
【熟成】若め

【生産者URL】https://www.mottox.co.jp/winery/publish/html/352.html
【輸入者URL】http://www.vignobles-hubert.com/en/chateau-peybonhomme/
※URLは変更になる場合があります。またリンク先のヴィンテージが異なる場合があります。
※上述のテイスティング情報は、ヴィノスやまざきさんのTASTING NOTEの項目を参考に、極めて主観で記述しています。

はじめはとっつきにくい印象だが、20~30分経つと相当滑らかになった。

しかしピークが短い。

ピークのタイミングで飲まないと酸味とアルコール感が強まり、再びとっつきにくくなる。

スライド1

スライド2

P1120800

P1120799

P1120801

P1120803

P1120802

P1120804

ボルドーワインにも関わらず、グラスがブルゴーニュグラスなのはご愛嬌。

P1120813

P1120805

P1120810

P1120808

広告